化学の勉強法

範囲が広いため、学校の授業では進みが遅く入試に間に合わないという話をよく聞く。そのため自分である程度進めなければならない。化学の学習方法は教科書を読み込む作業が重要になってくる。書いてあることをまとめるなどして自分の物にしていかなければならない。簡単そうに見えて、実はここが一番難しいのかもしれない。化学が苦手な人は暗記ができない以前に教科書が読めていないため、理解ができていないのだろう。知識さえ定着すれば、驚くように化学の理解度とそれに伴うテストの点数が飛躍していく。

理系受験をするのであれば、理科科目の中で最も多くの人が化学を履修している。点数にそこまで差がつかないのも特徴の一つだと言える。数学や物理と比べて暗記量がはるかに多いが、言い方を変えれば暗記ができれば比較的簡単に問題が解けるようになる。数学や物理と異なり、色の変化や気体の発生など目に見える現象などを多く扱うため、図表などを使って目で見ることで学習が可能という特徴がある(実際に化学実験を行う学校は少なくなってしまったよ)。

物理と同様、化学も数学に比べればそこまで多くの解法パターンはない。問われる問題も問題集で扱われているものと類似していることが多い。この問題にはこの解き方というのをある程度頭に入れておくべきである。

高得点を取るために重要なのは無機分野と有機分野である。無機分野に関しては化学反応の起きる理由や反応の原理を中心に学習することが重要であり、よく問われる化学反応式は暗記してすぐに描き出せるようにしておくのが良い。有機化学では、まずは有機化合物の名称、構造式、反応の種類についてしっかりと理解・定着させておく必要がある。その後、入試でよく問われる元素分析と構造決定、抗分子化合物の計算問題、有機化合物の立体構造といった実戦向きの対策を行うと高得点が狙える。

 

 

 

浪人生用の学生アパート

学習できる環境